yurikkyの自由帳

モノだったりコトだったり、日常で気になるものを気になった時に綴っていく自由帳のようなブログです。

靴下の親指に穴が開く衝撃の理由

急激に暑くなって困ってしまいますね。
そんな暑さの中でも履かなければならないのがそう、靴下です。制服の学生さんやスーツの男性などはマストな存在ですね。

私は特に義務はないのですが、素足で靴をはくのが苦手なのでストッキングでも浅履きのフットカバーを履いたりしているのですが……。

穴がね、開くんですよね!
それもなぜか、親指ばかりに開くのです。

靴下の親指に穴が開くこの不思議……なにか理由があるのでしょうか。
なんとなくわかる気もしますが、一応調べてみました。

まずなんといってもこれ、

『爪が伸びている』

爪が伸びているということは靴下に常に鋭利なものがあたっている状態ですから、歩くときに靴と擦れて穴が開きやすいというのは納得の理由です。

ちなみに私は巻き爪気味なためあえて少し伸ばしているのですが、これが仇になっているのでしょう。
爪が伸びているのと同様の理由で『爪の角が尖っている』というのも穴が開く理由としてメジャーなようです。

爪を切ったあとやすりをかけるなどしてきちんと整えておくと被害が少なくなるかもですね。

基本的に靴下に穴が開く理由は『摩擦』が関係しているといって良いのでしょう。

これもまた摩擦関連ですが、

『靴のサイズが合っていない』

という理由もありました。
ゆるい靴をはくと靴の中で足が遊んで擦れやすくなるため穴も開きやすくなる。ということですね。

余談ですが外反母趾の場合つい緩めの靴を履きたくなりますが、実はそれは逆効果なのでぴったりフィットしているものを選んだほうがよいのだそうですよ。外反母趾なので覚えておこうと思います(笑)

少し話が逸れましたが、逆にきつい靴をはくとどうなるのでしょうか。
きちんと言及されているものが見当たりませんでしたが、しっかりフィットするので擦れる回数は減るけれど、その分一回の摩擦力自体は強くなるため穴が開きやすくなってしまうといったことなのでしょうね。

あと、前のめり気味に歩くとつま先に負担がかかり、つま先や親指付近に穴が開くというのもありました。
ちなみにかかとに重心をかけて歩いたり、ガサガサかかとだとかかと付近に穴が開きやすくなります。

ここまでは納得できますし、自分でもなんとなく実感している部分なのでなるほどといった様子で飲み込むことができました。
しかしもう一つ、ちょっと怪しい説も見つかったのです。

『足から出ている毒素のせい』

足から毒素が出てそれが靴下を溶かしている……?
なんだかオカルトめいた話ですね(笑)

しかしよくよく調べてみるときちんとした理由がありました。

人間というのは汗をかく生き物です。そしてその汗は足の裏にもかきますよね。
足の裏というのは汗腺が多いですから、他の部分より汗をかきやすい傾向にあるほどです。

では、暑くて蒸れてしまったりプレッシャーなど精神的なものが作用したりして足の裏にたくさん汗をかいたとしましょう。

するとその汗で靴下が濡れることによってダメージが蓄積されるだけでなく、汗に含まれるアンモニアが布に悪影響を及ぼしている、ということなのだとか。

そしてもう一つ、上記のように汗をかきやすく高温多湿になる足の裏には体に良くない菌もたくさん繁殖します。
その菌が毒素を出して布地を溶かすこともある、とのことでした。

うーん怖いですね。

とりあえず親指に限ったものではありませんが、靴下に穴が開くのを回避するためには

・爪を整える
・歩き方を見直す
・足を清潔にしておく

このあたりに気をつける必要がありそうですね!

実はビュッフェとバイキングには明確な違いがあった!

最近よく『ビュッフェ』という言葉を耳にしますよね。
都内有名ホテルではスイーツビュッフェなども盛んに行われていますし、地方のホテルで食事がビュッフェスタイルだったりといったことも珍しくなくなりつつあります。

先日も友人とスイーツビュッフェの話をしていました。食べ放題ってすごいよね、と。

しかしここで、

あれ、食べ放題って少し前までは『ビュッフェ』ではなく『バイキング』と言っていたような……?

という疑問が頭をよぎりました。

『ビュッフェ』と『バイキング』。

興味本位でこの2つの違いを調べてみたら殊の外違うもので驚いてしまいましたよ。

と、いうわけでまずはビュッフェから。

ビュッフェといえば食べ放題をお洒落に言い換えたものというイメージをしている方も少なくないのではと思いますが、実は食べ放題の意味は【ない】のだそうです。

ビュッフェというのはフランス語であり、正確な意味は『立食形式の食事』。
更に『食器棚/配膳台』といった意味もあるため、それらを使って列車内やパーティー会場などで食事を提供する、そんな簡易的な食堂のような場所をビュッフェと呼ぶようになったようですね。

そこから転じて『セルフサービス形式の食事』という意味で使われるようになったのだとか。

このビュッフェという言葉は海外でも通じるようですが、本来の意味を知らないと大変なことになりそうです。

何故かというと、ビュッフェはお皿に盛ったら盛った分だけの支払いが発生するという仕組みとなっていることもあるわけですから、もし純粋なビュッフェスタイルのお店(=食べ放題ではない)であった場合、お財布に大打撃を被る可能性があるためですね。

恥ずかしい思いをすることもあるでしょうから注意しておきましょう(笑)

では対する「バイキング」はというと、こちらは『食べ放題形式』のことを指しています。
実はバイキングというのは和製英語であり、日本でのみ使われている言葉です。

発祥は帝国ホテル。
この話をするにはまず『スモーガスボード』の説明からしなければならないでしょう。

『スモーガスボード』とは16世紀頃からスウェーデンで普及したスカンジナビア料理です。
テーブル上にパンであったり料理であったりを並べ、自分の好きなようにオープンサンドを作って食べることができるというものだったようですね。

それに目をつけた帝国ホテルは1958年、スモーガスボードの様式を取り入れたシステムを『インペリアル・バイキング』と名付け、好きな料理を好きなように選んで食べることができるというスタイルを打ち出しました。

それが人気を博し世間的に広まった結果、『食べ放題=バイキング』の方式が出来上がるに至ったというわけですね。

ちなみになぜバイキングなのかというのは調べてもよくわかりませんでしたが、スカンジナビア(北欧)といえばバイキング(海賊)! という印象があったためではないかと勝手に推察しています。
子供の頃はバイキング(海賊)が飲めや歌えやと好き放題に食べていたからだと思っていましたが、それだと時代が合わないでしょうから本場のバイキングは関係ないのでしょう(笑)

あ、あと、バイキングは和製英語ですから、海外ではバイキングという名称は通じないようです。
しかしハワイや韓国といった日本人を対象にしているお店があるような地域では通じる場合もあるようですよ。

最近の日本では響きがお洒落だからか食べ放題のことをバイキングではなくビュッフェと呼ぶ風潮が強まりつつあるため混同しがちになりますが、実はこんなにも明確に意味が違ったなんて驚きですね。

これからはビュッフェといわれても食べ放題ではないかもしれないということを頭にいれ、注意深く見てみたいと思います!

マニキュアを早く乾かす方法とポイント!

マニキュアといえば普段はあまりしないけれど、ちょっと気合い入れたいなというときにしたくなる、そんな存在であるという方も少なくないのではないかと思います。

私はまさにそんな感じで、普段は爪を磨く程度ですがちょっとお出かけするといったときにはセルフネイルをします。

しかしそんなときに困るのが、マニキュアを乾かす時間です。
乾いたかなと思って軽率に触ってしまうと剥げたりよれたりしてまた塗り直し……辛いものです。

速乾性があるものを使うといっても完全に乾くまでには時間がかかりますから、うっかり出掛ける前に塗って他の準備ができないとなると大変です。

そこでマニキュアを早く乾かす方法を調べてみました!

まず出てきたのが、氷水に指先を浸すというもの。
マニキュアを塗った後2~3分ほど自然乾燥させてから、その指先を氷水に浸すと早く乾くというのです。

実際にやってみたという意見を見てみると、「確かに早く乾いたように感じるけれど冷えて指先が痛い」とのことでした。
浸けたり出したりを繰り返し、様子を見ながら行う必要がありそうです。

次にドライヤーの冷風をあてる方法。
使用するマニキュアによってあてる時間は異なるようですが、概ね10分程度で乾かせるようです。

早く乾きそうだからと強風を当ててしまうとよれてしまう原因となるので、あくまで弱風がポイント。

そしてもう一つ、ちょっと意外な「オリーブオイルを重ね塗り」という方法です。
マニキュアを塗った後の爪にオリーブオイルをハケなどで重ねて塗るのだそうです。

そうすることで早く乾くだけでなく、ゴミなども付着しづらくなるのだとか。
3つの中で一番手軽そうです。

これらが調べた中でよくいわれている方法でしたね。

実は個人的に何年も行っている方法に「制汗スプレーをかける」というものがあるのですが、軽く調べたら出てこなかったのでちょっと焦ってしまいました(笑)

塗り終わった爪に制汗スプレーをシュシュッと2~3吹きするとすぐに乾くんですよ。
いままでよれたことはないですし、スプレーをした後軽く拭ってあげれば粉っぽいのも取れます。

ちょっと爪に制汗スプレーのにおいが付きますが、それはそれでいい匂いなので問題ないでしょう(笑)
マニキュアの種類や厚さによっても効果が異なるかもしれませんが、手軽さでいえば上記のものよりも手軽だと思うのでよかったら試してみてください。

あと、マニキュアを早く乾かすためには下準備も重要です。
マニキュアを冷蔵庫に30分程入れて冷やし、手先も冷やしたり温めたりしておきましょう。

これはマニキュアを冷やすことでマニキュア内の温度を一定にする効果が得られ、乾きやすくなるためであるといわれています。

指先を温めたり冷やしたりするというのは、マニキュアは外気温と体温の温度差があるほど早く乾くという性質があるということから。
つまり夏場など部屋の温度が高いときには指先を冷やし、冬場など温度が低いときには温めると早く乾きやすくなる、ということなのですね。

後はつい面倒臭がってしまいがちですがベースコートをきちんと塗ること。
ベースコートを塗ることで爪の表面が整えられるだけでなく、爪への色素沈着も防ぐことができます。

後は一度にたっぷり塗りすぎないで薄めに重ね塗りしていくこと、これも大切ですね。

爪の先までお洒落が行き届いている女性はとても素敵ですから、マニキュアを早く乾かす方法を知って気軽にセルフネイルを楽しみたいですね!

部屋を片付けたり服を捨てることで心もすっきりさせられる

人によって長かったり短かったり、いつもと変わらなかったりしたであろうゴールデンウィークが終わってしまいますね。
私は昨日久々に母と買い物に行きました。

そのときに先日の五十肩の話を聞いたのですが、よくよく聞くとなんと五十肩ではなく四十肩といわれたのだそうです。
そういえばそういっていたような気がする……五十肩だったらそこまで驚きませんもんね(笑)

で、何を買ったのかというと、服です。
服はね、衣替えするまで買うまいと思っていたのですが駄目でした。

安くて可愛い服があったら買ってしまうのは仕方がないですよね!
なんとか抑えて二着に留めましたが、ただでさえパンパンな衣装ケースをなんとかしなければなりません。

と、いうことで今日はひたすら片付けをしていました。
いらない服は捨てるなり売るなりして処分しようということですべての服をチェックしたのです。

始めのうちはどうしようかなと悩んだりもしましたが、段々と気分が乗ってきて気がつけばいらない服の山ができていました。

そのなかからもう着古したものとまだ綺麗なものを選別します。
古いものは雑巾にしたりゴミとして処分し、綺麗なものはリサイクルショップに持っていきましょう。

値段がつかなくても引き取ってもらえるのであればゴミ袋代を浮かせることができますからね。

あれもそれもと処分をし、改めて衣装ケースに服を詰め直すなんとすっきりしたことでしょう。
気持ちも晴れやかになり、なんだかまだまだ動けそうです。

そこで前々からやろうと思っていた模様替えを実行することにしました。
本棚の位置を変えたかったのですが、それをやるとなるとほぼすべての家具を移動しなければならなくなるため二の足を踏んでいたのですよね。

しかし今ならできる気がする!
と、思いやってみました。これ以上暑くなると今度は暑さで辛くなってしまいますから、時期的にもちょうどよいでしょう。

すく終わるすぐと思い取り掛かってしばらくした時、やる気スイッチが突然切れてしまいました(笑)
物を捨てることですっきりした気持ちがまた落ち込んできてしまったのです。

しかしもう部屋の中はごちゃごちゃで、このままでは寝ることもままならないでしょう。
さらに明日は月曜日ですから、この状態でやめるわけにもいきません。

そう自分に言い聞かせて作業を再開します。

四苦八苦していたときは本当に腰が重かったのですが、一つ一つこなしていくうちに気がつくとだいぶ片付いていました。

確か心理学でいわれていたことだったと思いますが、何かをする際、面倒だと思ってもまずはこれだけといったように簡単なことからはじめるようにすると格段に物事が捗るのですよね。

例えば勉強するの面倒だなと思っても、まず教科書を開くだけしてみようといった具合です。
私もこの考えを活かして、ここだけ片付けたら休憩しようというのを繰り返してなんだかんだでスッキリさせることができました。

片付けというのは一見面倒なことなのですが、いざものを捨てると身の回りだけでなく心もすっきりすることができますよね。

ストレス解消にもなりますし、噂では前向きに生きられるようになったりお金が貯まったりするらしいですよ。
あくまで噂ですけれどもね(笑)

少なくとも私は片付けをすることですっきりすることができましたから、実際に気持ちの面で変化を感じています。

整理整頓された部屋は気持ちが良いですから、なるべくものを溜めないように、もっと綺麗にするために今日できなかった部分の片付けをしたいですね。

更年期の症状は汗をかいたり眠い以外にもあるという話

最近母が急に肩が痛くて仕方がなくなり、病院に行ったら五十肩といわれたそうなんです。
五十肩ってあくまで病名的なくくりなので五十歳じゃなくてもいいんですね、勝手に五十歳までになるもののことだと思っていました(笑)

病院に行って飲み薬と貼り薬を処方してもらったそうなのですが、痛みが出てすぐに病院に来たから治りが早いと思うよと先生にいわれたとも言っていました。

結局五十肩の原因というのは関節の炎症なわけですから、痛いなー痛いなーとずっと我慢しながら日々を過ごしているとその炎症がどんどん悪化してきて治るのが遅くなるということなわけですね。

私なんかは病院があまり好きではないのでつい我慢してしまうのですが、もし将来五十肩に悩まされることがあったらすぐに病院に行こうと思います。

そんな母の五十肩の話を聴きながら、五十肩は更年期とは関係ないのかななんてことを考えていました。確か更年期も五十歳前後で症状が出始めるんだったなーと思ったので。

更年期についてあまり詳しいわけではないですが、ほてりや汗が増え眠くなったり、不安が強くなるなど精神面の症状があるという話は聞いたことがありますね。

私の周りには更年期に悩まされたという人がいないのでいまいち理解が薄いのですが、中には病院に行ったりするという話もありますから本当に個人差があるモノなのだということはわかります。

重くなるには体質などが関係するのでしょうか。

将来自分自身に降りかかるかもしれないものだと思うとなんだか気になってきました……。
いやまだ何十年もありますが……(笑)

と、いうことでいつもどおりちょっとしらべてみましょう。

まず更年期の概念。
更年期というのは閉経前後5年間ほどに症状が起きるものだそうです。平均で50.5歳ほどだそうですが、最近では40歳辺りからその症状が出る人も増加傾向にあるのだとか。

更に驚きなのが30代でも更年期の症状が出る人が増えているのだそうです。
過度なダイエットやストレスなどによって女性ホルモンの分泌が乱れ、生理不順になったり月経がなくなったりするのだとか……。気をつけよう……。

で、更年期の症状は……。
えーと、とても多様ですね(笑)

とりあえずいくつか抜粋すると先に述べたほてりや発汗、不安や憂鬱の他に、肩こりや腰痛がひどくなったり頭痛や目眩があったりといった多種多様な症状。関節の痛みもあるようですから、ある意味五十肩もあるのかも?

また、これがちょっときになるのですが更年期は眠いという意見もあれば眠りが浅いという意見もあるのです。
個人的に眠いイメージがあったのですが更年期障害の薬や生理関連の商品を販売している大手二社のホームページで確認しましたから、不眠のほうが一般的なのかもしれません。

最後に更年期を乗り切るにはという話。
更年期は気持ちやストレスなどに左右される部分が大きいため、更年期を前向きに捉えて日々楽しく過ごすことが大切なようですね。

栄養バランスのよい食事や自律神経を整えるヨガやストレッチなども有効なようですから、この点はPMS対策と変わらないのかもしれません。

と、いうわけで急に更年期について調べてしまいましたが、またひとつ勉強になりました。
この知識が抜けないようにしたいものですね!

2018年ゴールデンウィークの天気はどう?

今私はとても眠いです。さっきまでお昼寝してたのに。
と、いうのも、実は昨日から今日にかけて友人宅に泊まったために寝不足なのでした。

もともと昨日遊ぶ約束をしていたのですが、持っていったBDが私が帰宅する交通機関のリミットタイムだと最後まで見きれないということがわかったのですね。

私はじゃあまた近い内に遊べば良いかなと思ったのですが、友人がじわじわとオブラートに包みつつ囲い込んできたため、急遽泊まることになったのでした(笑)

よっぽど続きを見たかったのか、はたまた一人が寂しかったのかわかりませんが、あそこまで引き止められると帰るわけにはいきませんね。

夜電車乗って帰るのも面倒ですし、たまには良いでしょう。

あんな時間まで起きていたのはいつぶりでしょうか。
いっそ深夜のコンビニでも堪能すればよかったなと思います(笑)

夕食を作ってもらって朝食までというのは流石に気が引けたので、友人が起きてきて割とすぐに自宅に帰ってきました。

疲れもしましたが遅くまでだらだらするのもまた楽しいものですね。友人も味をしめてしまったようなので、次遊びに行くときはお泊りセットを用意して挑みたいと思っています(笑)

さて開始早々イレギュラーが起きたゴールデンウィークの始まりですが、そんな2018年ゴールデンウィークの天気はどうなのでしょうか。

昨日今日ととても良い天気に恵まれて絶好の行楽日和といった様子でしたね。
帰りの電車のなかにはこれから出掛けるであろうファミリーがたくさんいました。みんなどこに行くのかな。

天気予報だと28日から30日にかけては良い天気が続くようですね。
夏日は常識といった様子で、なかには真夏日を観測する地域もありそうだとか……。まだ4月なのにねぇ……。

中頃に少し天気が崩れそう。
3日ぐらいにちょっとぐずつきそうで、4日は昨日今日と比較すると少し涼しそうな予感ですね。

そして5日、6日はまた良い感じの天気になりそうです。

人によっては1日2日も休みをとって9連休とかにしている人もいるのでしょうか。海外旅行にでもいくのですかね。
そんなにお休みしたらお仕事が嫌になってしまいそうですが、きっとそれはそれといった感じなのでしょう(笑)

私は残念ながら2018年ゴールデンウィークゴールデンウィークらしい予定は今日で終わってしまったので、後はだらだらと過ごすだけになりそうです。

でも後半は良い天気になりそうですから、せっかくのゴールデンウィークを楽しむために知らない街を一人で散策するのもよいかもしれません。

でも人が集まるようなところは大変かな。
あ、普段利用している最寄り駅沿線の知らない駅に降り立ってみるのも楽しいかもしれませんね。

昨日行った友人宅の最寄り駅も普段全く行かない駅なため楽しかったですし、意外と近場におもしろスポットが転がっていることもあるのでしょう。

なんて企画しているときに限ってイレギュラーな用事が入ってしまったりするのですよね(笑)
それはそれでよいですが、何はともあれせっかくの晴れ間とお休みを有効活用したいと思っています。

友人への引越し祝いは何が良い?

最近ずっと悩んでいることがあります。
それはそう、友人への引越し祝いです!

実は友人が先月引越しをしたのですが、引越し祝いを渡しそびれてしまいました。

いままで引越し祝いを贈ったことがなかったのでよくわからないのですが、恐らく本来引っ越し祝いというのは引越す前に渡すものなのでしょう。

しかし引越すんだーという話は聞いてはいたものの、その日付を聞いていなかったのです。
と、いうか新築だからまだ建物できてないのよねといわれていたので、まだ先だと完全に油断していたのですね(笑)

引越してからすぐに新居に送ろうかなとも思ったのですが、まだ部屋が片付いていないような状況で贈り物をしてもよいのでしょうかなどと考えてしまいました。

そして送るほど大層なものを用意できるのかということも……(笑)

ちなみにLINEで「今度引越し祝い持ってお邪魔するから早く呼んでねーw」といった様子のメッセージを送ったら、「お構いなくー??」といった感じで返ってきたので、余計に悩んでしまう始末(笑)

小学校からの仲なのでそんな仰々しいことをしなくても良いかと自分に言い聞かせて日々を過ごしていたのですが、先日なんと早くもお招きのお誘いを賜ってしまいました。

他の友人は呼ぶねーといいつつ一向に呼んでくれないような子ばかりなので、正直もっと時間がかかるかと思っていました(笑)

本当に呼んでもらえて嬉しいけれど、早急に何か買わなければなりません。

ここまで書いたものをみると引越し祝いを送るのが苦痛なように捉えられてしまうかもしれませんね。
勿論そうではなく、大好きな友人だからこそ良いものを送りたいのです。

かといってあまり張り切ったものをあげてしまうと恐らく気を使わせてしまうでしょうから、その塩梅に悩んでいるというわけです。

世の中にはたくさんのものが溢れていますから、まずはあげないほうが良いものから考えてみましょう。
まずかさばる物はよくないかなと思います。

友人は食器が好きなので良いかなと思ったのですが、別に結婚したわけではないのでそんなにたくさん使わないでしょうし趣味に合わなければじゃまになってしまうので却下。

これと同様に部屋に置くものなども却下です。
ちょっとアロマディフューザなど良いかなとも思いましたが、それはお部屋の様子を見て雰囲気を損なわないようなものがわかったら友人の誕生日にでも送りましょう。

と、いうことはやはり食べ物がよいかもしれません。
食べ物であれば食べればなくなるのでかさばることもありませんし、困ることもないでしょう。

幸い友人が甘いものが好きということは知っているので、お菓子を中心に探してみるのが良いかもしれません。

特にチョコレートが好きだったはずなので、ゴディバリンツといったちょっとお高めチョコレートがいいかも。
それだけでは寂しいので、パスタソースやドレッシングといった食事に使えそうなものも一緒に。

いっそお洒落を捨て、実用性を突き詰めてお味噌汁やカレーなどのレトルト食品もいいかもしれませんね(笑)

少し調べてみたら引越し祝いの相場は5000円ほどであるというのが出てきてちょっと焦ったのですが、相場は相場だしそこまで高いものでなくても良いでしょう。

足りない分は私の愛をプレゼント!(笑)

遊びに行くまでそう時間はないので、それまでに張り切って準備を進めたいと思います!

膝上丈のスカートって何歳までOK?

いやー今日は暖かいを通り越して暑かったですね!
なんでも7月くらいの気温だったとか。初夏じゃないですか。

寒いのより暑いほうが好きですが、また例年通りの気温に戻ることを考えるとお布団やらをがっつり夏仕様にすることもできませんからちょっと困ってしまいますね。

あと服装に悩みます。
今日も朝から何を着ようか迷っていたのですが、例年何を着ていたかななどいろいろ考えて物色していたら一度も穿いていないスカートを発掘しました(笑)

一瞬これ何だっけと思いましたが、昨年GUで投げ売られていたのを購入したんでした。薄手だったので来シーズン穿こう、なんて考えていたのをすっかり忘れていたようです。

しかし改めて見てみるとなんだかこれをはく勇気がでませんね……。
安いからと言う理由だけで買ってしまったので、冷静になって見てみたら着用意欲的なものを削がれてしまったのかもしれません(笑)

あと丈がね、場所によっては膝丈くらいなのでなんだか厳しいかなと。

短めスカートがあまり得意ではないため、タイツをはけば問題なさそうだなという考えで購入したのだと思うのですが、これからの時期タイツは暑くなってくるのでちょっと難しそうです。

このままではまた履く機会を逃してしまいそうです。
近いうちまた洋服の整理をするのでその時までに処分するかどうか考えておきましょう。

そんなスカートについて考えていたのですが、ここでふとした疑問が頭をよぎりました。
そもそも短めスカート、特に膝上丈のスカートって何歳まで許されるのでしょうか。

街を行き交う人々を見ていると結構年上そうなお姉さま方も穿いていたりしますよね。
でも正直たまに、そろそろやめたほうが良い年齢なのでは……と思ってしまうお姉さまもいらっしゃいます(笑)

似合っていれば歳なんて関係ないのでしょうが、それがなかなか難しいのです。

私は基本的にスカートはロング丈やミモレ丈が好みなのでミニは滅多なことでは履きません。
ミニスカートを穿いたのは高校の制服が最後かもしれません(笑)

元々スカートよりパンツ派なので、短いものが苦手なのです。

話が少し逸れましたが、個人的には膝上丈のミニスカートが許されるのは20代前半かなと感じています。
スタイルも勿論ですが、肌のハリなども考慮するとそれくらいの年齢までが一番かわいく着こなせるかなと思うのです。

あとは形も大切ですよね。
プリーツスカートなどのガーリーなアイテムは若い子でなければちょっと違和感がありますし、デニムのタイトスカートなどもカジュアル感があるなどの理由で同じです。

これが黒のタイトスカートなどであれば、もう少し上の年齢まで大丈夫でしょう。
そしてタイツを着用する、これならば30歳オーバーでも行けそうな気がします。

なんていろいろ考えていますけれど、これきっと男女で考え方も違うのでしょうね。
男性の方がシビアなのか、それとも女性の方が現実を見ているのかちょっと気になります。今度友人にも聞いてみましょう。

ファッション全然詳しくないですが自分なりに考えることは好きなので、今後も今回みたいにふと思ったことなどを書いていくのも楽しいかもしれませんね。

 

2018年春の土用は今日だった

先程ぼーっとカレンダーを見ていました。

私が愛用しているカレンダーは新聞屋さんにもらったものというなんとも味気ないものなのですが、これが意外とサイズ感がちょうどよかったりして気に入っています。

書き込むスペースも多いので手帳代わりに活用できますし、シンプルなデザインなのでどれだけ書き込んでもゴチャつかないのがいいんですよね。

最近はスタンプも活用して少し女子感をアピールしています(笑)

なぜ突然カレンダーの話をしだしたのかというと、このカレンダー、二十四節気だったり行事だったりいろいろな情報が書かれているのですが、なんと今日は土用なんだそうです。

土用といえば土用の丑の日のイメージが強いという方は恐らく多いことでしょう。
ご多分に漏れず私もそのイメージだったのですが、土用が夏の一日だけではなく季節ごとにあるという程度の知識はありました。それしか無いといわれたらそれまでですが(笑)

そこでいつものようにちょっと調べてみたのですが、土用というのは一年に四回あるようです。

立春立夏、立秋、立冬前の18日間】

これが土用の期間なんだそうですね。
土用って一日ずつじゃなくて期間だったのか……(笑)

つまり土用というのは季節の変わり目にあるもの、ということなのでしょう。
それぞれ春土用、夏土用、秋土用、冬土用という呼ばれ方をすることもあるそうです。そのままですね。

そもそも土用とはなんなのかということも気になったのですが、雑節のひとつなのだそうです。
雑節というのは節分やお彼岸といったものでしたか。これについても調べてみたいですね。

話が少し脱線したような気もしますが、2018年春の土用は今日から始まります。
土用が終わる日、土用明けは5月の4日、ゴールデンウィークまっただ中ですね。

そしてそしてこれは少し聞いたことがあったのですが、春土用の丑の日は4月の27日です。
土用の丑の日というのは土用期間中の丑の日を指すものであり、土用期間が始まったその日でない可能性も少なくないんですよね。

はい、これは以前うなぎについて調べてみたときに書いてあったので知っていました(笑)
ちなみに丑の日の丑は十二支のうしのことです。今日は卯の日ですね。十二支もなかなかおもしろいのでもっと知識を深めていきたいところです。

そういえば夏土用の丑の日にはうなぎを食べるとよいというのが通説化していますが、それ以外の丑の日に食べると良いものはあるのでしょうかね。

そもそもうなぎを食べるのも平賀源内の策略的な部分が大きかったわけですから、これといって根拠はないわけですが(笑)

うなぎ以外にも夏土用に食べると良いものはいろいろあるようですが、それは夏にまた改めて書くのがよいかもしれませんね。

しかしなんだか土用について調べていると土用干しなど殆どが夏土用のことでちょっとおもしろいです。
やはり土用といえば夏のイメージが強いのでしょう。

でも雪駄の土用干しというのは別段季節は関係なさそうです。

ひょんなことから土用についていろいろ知ることができてよかったですが、果たしてこの知識を次の土用まで覚えていられるでしょうか、少し心配です(笑)

風は風速何メートルだと強風といわれるのか

今日は風がすごかったですね!

外にいたら飛ばされそうになるし何か飛んできそうだし、中にいたら中にいたでびゅおびゅおと風の音がすごいしでびっくりです。

なにかが倒れたようなガシャーンという音も聞こえたりして、きっといろいろなところでいろいろなものが飛び交っていたのでしょう。

電車が止まったりといったことはなかったようですが、風が怖いと思うこともあるものですね。

そんな強風ですが、そもそも強風というのは風速何メートルの風のことを指すのでしょうか。
あとね、どれくらいの風だと危険なのかなということも気になります。

以前聞いたのは10~15メートルくらいだと歩きづらいという話でした。
そして15~25メートルだと倒れてしまう人も出てくるとかで、ここまできたら危険な強風ということで良いのかもしれません。

更に25メートル以上だと立っていられないほどだというので、それはそれは強い風なのでしょう。台風くらいかな?
今日の風はどれくらいあったのかわかりませんが、体感では10~15メートル程度の感じはあった気がします。

そういえばよくテレビで使っている強力扇風機はどれくらいの強風を作り出せるのでしょうか、ちょっと気になりますね。

ウェザーニュース曰く、車も20メートルの強風には通常速度で運転できなくなるのだそうで、そら人も倒れますわと思ってしまいました。

車ですら影響を受けるのですから、何倍も軽い人が飛んでいかずにこらえられるのがむしろ不思議ですね(笑)

どちらにせよ台風のときなどこれからまた強風が吹くこともあるでしょうから、強風時の歩き方などをマスターしておくのも良いかもしれません。

そんなものがあるのかすらわかりませんけれどもね(笑)

 

 

そして前の記事にコメントを頂きありがとうございます!

お返事をしようと思ったのですが操作がいまいちわからない体たらくなのでここで失礼します(笑)

アケボノツツジというお花をはじめて知りましたがいやぁ綺麗ですねぇ、私が撮ったものとは少し花の形が違うような印象をうけますが、良いものを教えていただけてよかったです。

またひとつ賢くなりました!