yurikkyの自由帳

モノだったりコトだったり、日常で気になるものを気になった時に綴っていく自由帳のようなブログです。

手汗の止め方が知りたい!

今日は一段と暑くて初夏という感じでしたね。
と、うーんどうしても天気や気温の話題から入ってしまう癖をどうにかしたい今日このごろです。

でも手紙とかこんな書き出しになりますしいいですかね(笑)

話を戻しましょう。

暖かくなってくると嬉しいのが手足の冷えが取れること。
足先はまだちょっと油断するとすぐ冷えて痛くなりますが、手はもう殆ど一般平均と同じくらいの体温を保てています。

一般平均がどれくらいなのかはわかりませんが、人肌を感じられるくらいだと思っていただければ(笑)
冷えると何もできませんからね、本当に嬉しいです。

しかし暖かいと暖かいで、今度は手汗という問題に悩まされるようになります。
私は基本的には汗をあまりかかないタイプで、真夏でも脇汗など気になった経験がないほどです。

首の後は結構かきますが、それ以外は別段悩まされるような体質ではありません。
むしろもっと汗をかいたほうが良いのではないかと思われるほどです。

そんな汗かきとは無縁の私ですが、手汗だけは別というちょっと不思議な事実。
手が暖かくなってくるとかなりの確率で手汗が出てくるのです。

しかも意識するともっとひどくなるという困った状態。
現にいまもこのブログで「手汗」というワードを打っているだけでかなり汗がじわじわしてきています(笑)

以前手汗の止め方や原因について調べた時、ひとつに精神的なものがあるという話を目にしました。

緊張したりすると自律神経のひとつである交感神経が活発になり、手や足の裏から汗が出てしまうといった内容だったと思います。

あとホルモンバランスの乱れも関係しているようです。

よく健康関連の原因を調べているとホルモンバランスがどうのという話は耳にしますね。でも正直どのようにしたら乱れているのかというのがいまいちわからなかったりして(笑)

なんとなく急に肌荒れが酷いなといったときには乱れているのかなと思いますが、ホルモンバランスについても今度調べてみるのもよいかもしれません。

あと手汗が出る原因には食生活も関係しているらしいですよ。
辛いものなど刺激の強いものを食べると交感神経が刺激されるそうです。

テレビで激辛グルメに挑戦している方を見ると顔中汗だくになっていますよね、あれが手にも起こっているということなのでしょう。

あと意外なことにコーヒーなども良くないらしい。

そして肝心の手汗の止め方ですが、私に一番関係がありそうなのは

『手汗について考えないこと』

これかなと思います。
手汗がやばいやばいと考えれば考える程汗が出てくるのですから、別のことに頭を集中させればよいのでしょう。

あとはツボ押しなども効果的なようですね。

試しに労宮(ろうきゅう)と呼ばれるツボを押してみたら非常に痛かったので、手汗以前に身体自体の調子がよろしくないのかもしれません(笑)

ちなみに労宮は手のひらの中心、手をグーにしたときに中指と人差し指の指先が触れるあたりです。
ツボ押しは素人が適当にやるとあまり良くないという話もありますから、あまりぐりぐりとやらずに優しくやってみるのが安心です。

私の手汗なんて本当に悩まされている方と比較すれば全然かわいいものだと思いますが、気になってしまうのは仕方がないことでしょうしこれからもいろいろと手汗について調べていこうかなと思っています。

エイプリルフールに嘘をついていいのは午前中だけというのは本当?

昨日は少し忙しかったので今日更新です。
中二日を早速破ってしまったけれど新年度一日目に更新したほうがなんだか気分が良いですし、良しとしましょう!

さて、今日は4月1日。

4月1日といえば新年度の始まりというのは勿論ですが、エイプリルフールという方も少なくないのではないかと思います。
ここ数年の盛り上がり方はなんだかすごいなというのが個人的感想で、本気の企業が多くて圧巻されてしまいます。

こうしてみんなで騒げることに力を入れてしまうのはきっと元来お祭り好きな日本人の性分なのでしょうね。

さてそんなエイプリルフールですが、毎年気になっているのが

『エイプリルフールに嘘をついていいのは午前中だけ』

という話です。
私が聞いたのは午前中に人に危害を加えないような嘘をつき、午後にネタばらしするといった話ですね。

昔聞いたことがあったのですが、結局これは本当なのでしょうか。
少し調べてみましたが、そもそもエイプリルフール自体の起源が曖昧なのでルールも特に定められていないようですね。

午前中のみというのができたのはイギリスの王政復古の記念日が由来なようですが、必ずしも午前中のみでなければならないというわけではなさそうです。

なのでいまは午前中ですが、特に気にせず一日嘘をついてみるのも良さそうです。
ちなみに私はいままで嘘をついたことがないので、今日も変わらず正直者でいこうと思います。
↑エイプリルフールによく聞く嘘

私はエイプリルフールというのは嘘をついて楽しむ日だと思っているので、人を傷つけるような嘘は絶対につきません。あ、これは嘘じゃないです(笑)

エイプリルフールについた嘘は叶わないなんて話もありますが、もし本当なら恋人ができましたなんて嘘をついた日には大変なことになりそうですし、みんなが楽しい嘘をついていきたいですね。

さて、出かける準備をしてきます!

コスメのアウトレットには実店舗だけでなく通販もあるらしい

今日も暖かかったですね。
毎日暖かくて天気が良いと気分も良くなります。

そして暖かくなるとお洒落を楽しみたくなる体質だったりして(笑)

服も良いけれど今はそれ以外の部分で楽しみたい気分……。

そこで購入したのがこれ、

f:id:yurikky:20180328213823j:plain

写真がぼけーのひかりーのしてますがフレグランスです。いわゆるオーデコロンというものでしょうか。昔からボディミストやら練り香水やらが好きなんですよね。
ホワイトフローラルな香りがとても癒やされて一目惚れしてしまいました。いや、一嗅ぎ惚れ?(笑)

正直な話をしてしまうと別段このメーカーさんが好きだとか、元々知っていた商品だったというわけではありません。

先日買い物に行った際、たまたま見つけて安かったので購入したものだったりします。

そのお店はコスメのアウトレットというちょっと変わった形態のお店なのですが、生産終了やモデルチェンジなど訳ありなアイテムが30%、40%オフ当たり前といった破格な値段で販売しているのです。

メーカーさんから直接買い取っているようなので安心ですし、以前ピーリングジェルを購入したことがあったので特に心配もしていません。
効果がわからないのに定価で買うのはちょっとな、なんてものを試すときにお世話になっています。

私はこのお店で初めてコスメのアウトレットというものを知ったのですが、通販でもコスメアウトレットサイトがあるとか?
通販ならばいつでも購入できますし、商品の在庫も多そうですから良さそうですね。

でも個人的にコスメはテスターがマストな存在ですから、私は通販ではなく実店舗にお世話になっていきたいですね。

でも覗いてみるだけならばただですし、ちょっと調べてみようかと思います(笑)

この文章を打ちながらも定期的に花に近づけては香りを楽しんでいたりして。
室内で楽しむのも良いけれどやっぱりはやくこれ付けて歩きたーい!

お花見スポットランキングなどには載らなそうな場所

今日は久々に一日良い天気でしたね!
きっとお花見をした方も多いのでしょう。

かくいう私もお花見と称してちょっと遊んできました。
どこかと聞かれると少し尻込みしてしまいますが、正直に白状してしまいましょう。

そう、競馬場です(笑)

いやね、最近の競馬場というのはなかなかにすごいところなのですよ。
お花見スポットランキングなどにはきっと載っていないのでしょうが、場内にはなかなかに綺麗な桜があってちょっとした穴場スポットなのです。

今日はまだ少し早かったようですべての桜が咲いているわけではなかったですが、それでも綺麗な場所もありました。
お花見をしている方も多くて賑やかでしたね。

f:id:yurikky:20180325215536j:plain

本当はもっと桜が沢山で綺麗な場所もあったのですが、お花見客も多くて加工が面倒くさいなということでちょっと控えめなこの写真で(笑)

競馬場の良いところは開催日でなければ入場が無料であるというところでしょう。

勿論その競馬場でレースがないときでも各地のレースを買ったりモニターで観戦したりと楽しめる様になっていますし、芝生の部分などもあるので日向ぼっこにはもってこいです。

場内にはそれなりに立派な公園があったりして、子どもたちがたくさん遊んでいました。
私も子供の頃からよく来ていたものです。

食べ物屋さんも充実しています。
競馬場ならではのグルメもあれば、コンビニやファストフードなどのチェーン店もあるので食べたいものがないという困ったことにはなりづらいはず。

と、後半はお花見ではなく競馬場の話になってしまいましたが、機会があれば競馬をしない人にも足を運んでもらいたい場所なのでした。

2018年3月のお彼岸はいつまでかというと

うーん昨日は驚きましたね。
春分の日だというのに雪が降るなんて思いもよりませんでした。

でも桜が開花してから雪が降ったのは一番最近だと三年前あたりだったそうで、意外と珍しくないのかもしれません。

この様子だと4月にまた降ってもおかしくなさそうなきもしますし、冬物をしまうタイミングが難しいところです。

春分の日といえばお彼岸真っ只中ですね。

お彼岸というのは一年で春彼岸と秋彼岸の二回あるものですが、春彼岸は春分の日、秋彼岸は秋分の日をそれぞれ中心とした前後3日間がお彼岸となります。

3月のお彼岸はいつからいつまでだっけとなったので念の為確認してみました(笑)

つまり2018年の春彼岸は3月18日の日曜日から3月24日の土曜日までとなるわけですね。
私は18日にすませてしまったのであとはお彼岸の終わりを待つだけですが、もう一回くらいおはぎを食べたいと思っています。

美味しいですよねおはぎ。
子供の頃祖母が作ってくれたおはぎが大好きだったのを思い出します。

大人の手のひらでも余るんじゃないかってくらい大きかったので食べるのは大変だったのですが、甘さ控えめであんこの旨味がよく引き出されていたのでした。

また食べたいなーと思いつつ、レシピなどは教えてもらっていないので砂糖の塩梅やらを自分で研究しなければなりません。

そもそもおはぎは作ってもらうか購入するものという認識でいたので、自作したことはないのですが(笑)

おそらくそう手間はかからないと思うので、今度作り方を調べて自分で作ってみようと思います。
おはぎの話をしていたらおはぎが食べたくなりました。明日どこかで買えるといいな。

桜の開花時期をある程度予測する方法

今日はなんだか少し寒さを感じましたね。
天気予報で割と暖かくなるようなことをいっていたのでここ数日と同じコートを着ていたのが仇となりました。

あと、天気予報といえばせっかく桜が開花したとのことなのにこれからしばらく雨続きだとか。
お花見ができないのは仕方がないですが、雨でせっかく咲いた花が散ってしまわないことを祈るばかりですね。

雨だけではなく寒さが戻ってくるという話もありますし、まだまだ冬物が仕舞えそうにないのが困ったところです。
こういうのを寒の戻りや花冷えというのでしたっけ、なかなか大変なものです。

これだけ寒さが戻ってくると、まだまだ桜が開花していない地域も多いですが東京ももう少し待っていても良かったのかもしれませんね。
桜もまさかこんなに寒くなるとは思っていなかったでしょう(笑)

そういえば桜の開花予想というのはある程度素人でもできるそうですね。
なんでも、2月1日から平均気温を足していき、400度になったら桜が開花する時期なのだとか。

この前テレビか何かでみたのですが、だいたい今年も合っていたようです。
適当なようで意外としっかりしている理論なんですね、これ考えた人ちょっとすごい。

ちなみに桜の開花は標本木に5~6輪以上花が咲いた状態で宣言されるものですが、満開日というのは80%以上なんだそうですね。80%ってちょっと分かりづらい気もしますが、概ね目分量なのでしょうか(笑)

なんにせよはやく暖かくなってゆっくりと桜を眺められるようになったら良いですね。
寒いのは苦手だー。

三日坊主の意味や由来を再確認する

なんとも久々なブログ更新となってしまいました。
少し忙しくしていた関係で中二日を破る形になってしまったのですが、一度ペースを乱すとまた明日でいっか、なんて思ってしまってずるずると……良くないですね。

個人的にこのパターンは結構陥りやすいので注意しているのですが、今回もだめでしたな。

なんていっていても仕方がないので、こうして改めて筆をとってみました。
また中2日を目指してがんばります。

サボってしまったということで、今回は三日坊主についての話題でも書こうかなと思います。

三日坊主という言葉はよく耳にしますよね、ダイエットや日記なんかがその筆頭な気がしますがどうでしょうか。

念の為三日坊主とは、飽きたりして物事が続かなかったりすることを指します。

3日というのは厳密な期間ではなく、短いということを印象づけるために用いられているようです。五目焼きそばの五目とかと同じ感じですかね。

このブログはなかなかに続いている方なので三日坊主というのは少し違うかもしれませんが、続かない事態になりかねなかったので広義でいえばきっと三日坊主でしょう(笑)

気になる由来ですが、私が過去に聞いたのは、

「その昔坊主になりたい人がいたのだけれど、修行などが厳しかったために3日間で坊主を辞めた」

という話でしたね。

なんていうかこう、ありそうな気がする話だなと思って覚えていました(笑)
昔は今以上に仏教が盛んでしたし、お坊さんになりたい方もきっと多かったのでしょう。その辺りの歴史の勉強をしてみるのも楽しそうです。

何はともあれ三日坊主にならないよう、改めて更新を頑張っていきたいと思います!

疲れ目解消のツボはここ

うーん目が重いです。
元々目が疲れやすい体質だなというのは自覚しているのですが、なんだかここ数日はかなり疲れている気がします。

なんというのでしょうか、目の周りがとても重くてですね、頭の方にも重さが伝わっているような感じでしょうか。
言葉で表そうとするとなかなか難しいのですが、とにかく疲れているんでしょうね(笑)

一応以前疲れ目解消効果が期待できるツボというのを調べたことがあったのでそこを押してみているのですが、すっきりするけれど継続はしないといった具合。

しかしちょっと押すだけでかなりの痛みがあるので、くどいようですが疲れているのがわかりますね(笑)

ちなみに疲れ目のツボというのはいくつかあるのですが、私が知っているのは両方の眉頭のあたりにある「攅竹(さんちく)」と、こめかみの下辺りにあるくぼみ「太陽(たいよう)」でしょうか。

そこを程よい強さで押してあげるのです。
ぐぐっとおしすぎると良くないようなので、優しく押してあげるのが良いようです。

攅竹と太陽は場所はわかっていましたが名称は知らなかったので改めて疲れ目のツボを調べてみると、目頭のくぼみの部分には「晴明(せいめい)」というツボがあるそうだということもわかりました。

あと、目をよく温めてから行うとより効果的だそうです。

実は少し前から自分の体温を変換して温めてくれるようなアイマスクが気になっていたのですが、やはりそれの購入を具体的に検討してみたほうが良いのではないかと考え始めてしまいました。

確かそれなりの値段だったと思うので、まずはめぐりズム辺りで試してから検討しようと思います(笑)

卒業式に袴を着る理由のルーツが気になる

昨日今日と非常に暖かくて過ごしやすいですね。

今日は問題なかったですが、昨日は着ていたコートが暑くて少し困ってしまいました。
一応気温を考慮していたのに、どうせ天気予報通りの温度までは上がらないだろうと高をくくっていたのが仇となりましたね(笑)

でも暑さには比較的強いですし、寒いよりましなので良しとしましょう。

そんな3月ですが、3月といえば卒業シーズンですね。義務教育であったり大学であったりと様々なものから卒業していくのでしょう。

卒業式でひときわ目を引くものといえばやはり女の子の袴姿ですよね。
平成の世でも変わらずモダンなその姿を駅で見かけたりすると、ついつい目で追ってしまいます。

袴は特に大学の卒業式などに着ている印象が強いですが、そもそも卒業式に袴を着る理由とは何なのでしょうか。

「元々明治時代から女性が袴を着用するようになり女性の制服として定着した」という話は聞いたことがありましたが、洋服や制服になって久しい昨今、なぜ今なお卒業式にのみ好んで着られているのかが気になったのです。

早速ちょろっと調べてみたはいいものの、納得できる理由に出会えなかった(笑)
どうやら昭和に入ってからマンガやら宝塚やらによって卒業式に袴という文化が定着した、とか?

結局のところ、可愛いからという理由が強いのかもしれませんね。
袴に編み上げブーツという組み合わせは最高に可愛いですし、特別な時にのみ着用する用になっている昨今では着てみたいなと思うのも無理はないのでしょう。

私は大学ではないので着る機会に恵まれませんでしたが、許されるのであれば一度着てみたいです(笑)

何にせよご卒業される皆様、おめでとうございます!

テスターを使わずに乾電池の残量を調べる方法を思い出す

そういえば自宅の乾電池ストックが少なくなっていたなということで帰りに購入してきました。

何かと使うんですよね乾電池。昔は時計やリモコンなどによく使っていましたが、最近はパソコンのマウスやキーボードが無線なのでそちらでよく使うようになりました。

余談ですが友人の一人に「乾電池なんてめったに使わないからストックもないよ」といわれたときには衝撃が走ったものです。

そんな乾電池ですが、誰もが一度は残量問題で困ったことがあるのではないかと思います。

電池残量を知ることができるものに電池チェッカーやテスターがあり、いまでは100円ショップなどにも売られているテスターですが、すぐに知りたいのに手元にない、そんなこともきっとありますよね。

私は子供の頃から愛用している電池チェッカーがあるのでそれをいまでも使っているのですが、たまに取りに行くのが面倒になることがあります。

そんなときにはちょっとした方法で調べています。

それは電池を立てて持ち、そのまま垂直に机などに落とすという方法。
高さは三センチ程度ですかね。

そうすると通常電池は直立するのですが、残量不足電池はコロンと倒れてしまうのです。
なんでも電池は使っているとマイナスのほうが膨らんでくるから倒れる、らしいです。

落とし方の塩梅で立ったり倒れたりすることも少なくないですから、あくまで目安に留める必要がありますが、ちょっと知りたいというときには活用できるのではないかと思います。

この方法をどこで知ったのか全く覚えていないのですが、なんとなく信ぴょう性はあるかもというのが個人的な感想です。

少なくとも重さでどうこうというのよりは使えるはず(笑)

そんな、ふと思い出して書きたくなったちょっとした豆知識でした。